マンガ家上島カンナの居場所

ブログ

寄席の舞台裏を覗いてみました~その2~

不肖ながら私、あまり落語の知識に深くありません。 ですから立川こはるさんの立ち居振る舞いに度肝を抜かれました。 お茶をいれて時間を観て弁当配って師匠の三味線に太鼓を合わせて… 私は何もできず、ただただ邪魔にならないよう恐 …

20100804041624f86

寄席の舞台裏を覗いてみました~その1~

というわけで行ってきました『浜松町かもめ亭』。 場所が文化放送内のメディアプラスホールということで、音響設備がたいそう 整っていた印象があります。いわゆる舞台ではなく、ステージといった感じ。 今週の更新は体験記をぽつぽつ …

20100801130801b19

チョップスティック革命

最近の箸はすごいです。アクリル樹脂箸、キラキラデコ箸にチャーム付箸。 正直、箸としてはデザインいまいちじゃね?と思いますが、かんざしとしてなら 安いし手軽だしオシャレだし言うことなし。 私の部屋のかんざし立てには、色とり …

2010073009174249e

犬も歩けばバチがあたる

三味線のバチに関しては、意外と重いとか古くは象牙製とか、小指の付け根に バチだこができるとか腱鞘炎になりそうとか、いろんな興味深いネタがあるのに なぜかチョイスがヒムロック。 ただ、説明するのにかなり有効だと思うんですけ …

20100727193801ceb

今や懐メロでも太刀打ちできないラインナップ

昭和30年代トーク、始まるよーっ 実は『青い山脈』はただの七五調で、都々逸ではありません。 どどいつ調子(七七七五)は『リンゴの唄』を先頭に、『お富さん』や 『潮来笠』、『高校三年生』や『ああ上野駅』も歌い始めがそうです …

201007260202553a9

新作前衛落語『時コメ』

最近の炊飯器といったら、やれ直火炊きだの銅釜だのふっくら仕上げだの ちゃんちゃらおかしいですよ。 一気に土鍋で四合炊きからの小分け冷凍保存、これに尽きます。 一日三食ごはんがおコゲというレアな体験も手軽に楽しめます。

20100721045457231

今も昔も教授にはお世話になりっぱなし

担当さんは美大の教授みたいな風貌なので、コードネームは『教授』です。 でも風貌だけでなく、美大時代の教授と似ている部分があります。 作品を様々な角度から掘り下げてダメ出しするところとか。 生徒(私)のやる気がないと嘆くと …

2010072000271008b

夢見る若者を蹴落とす効果的な一言

れんほうが変換できなくて、回りくどくなった例。 でも「2位じゃダメなんですか?」は新人マンガ界ではこういう事ですよね。 ダメですけど?せっかくだから描きたいんですけど何か?みたいな。 本当、真正面から存在を全否定する失礼 …

20100719014324d09
20100716105013870

乙女たちの「ちんちん」考

下ネタじゃないよ!下ネタじゃないって! …皆さんのふるさとでは、「ちんちんのお茶」と言うとどんなお茶になりますか? 学生時代、行きつけの喫茶店でアイスコーヒーを出され「暑いし今日はちんちんで出すわ」とママに言われた時の私 …

20100711232049032
« 1 53 54 55 56 »
PAGETOP
Copyright © 上島カンナ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.