440

部屋に戻ってくるたびにツヤツヤになるおかん。

どうしても仕事モードになると、「ネームできるまで話しかけんとって」「返事来るまで気もそぞろ」「メドが立つまで楽しむ気になれん」みたいになりがちです。独りで、しかも外で楽しんでくれる母はある意味とてもありがたいのです。母曰く、父に鍛えられたらしいですが。

仕事もはかどりましたよー。煮詰まったらテラスに出て青い海を眺めながらデッキチェアなんぞに寝そべって…つい眠り込んでスパ帰りの母に起こされるのも、私なりのバカンス。

完全にマンガを忘れてバカンスを楽しむのはまだ先ですねー。今はまだ、がむしゃらが嬉しい年ごろです。うん、まあ、概ね。

Follow me!