三味線を弾く側として、どうしても目の前に師匠に座っていてほしい。それが無理でもせめて視界に入っていてほしい。
そんなわけで、本番撮りでもカメラから外れた位置に師匠が座って、三味線を弾くシーンを撮るそうです。わかりますね、その気持ち。発表会の何が辛いって、目の前に師匠がいないのがまあ不安なこと。
ま、リハーサルでこんなことになったりしてましたけど。

Follow me!